リンク・コーナー

教育問題

いじめは何故起きるのか?

2016年9月30日 (金)

イジメ問題とテレビ局の矛盾

いじめ防止対策推進法から3年というニュースをTBSで報じていました。

別の記事で法律問題に関してはフィリピンの新大統領の事を書く時に詳しく書きますが、つい先日も触れた「しくじり先生」の中から先ず述べたいと思います。
たけし軍団の一員である水道橋博士が過去の反省を述べていましたが、その時かつての映像が流れました。最近は過激なものは少なくなっているようですが、20年前くらいはこれでもかというほどひどい「イジメ番組」が多かった。大きな網に芸人を入れその網を海に沈めていく。その脇には事前に用意した大きなサメがいてつっこんでくる。当然芸人は恐怖の声をあげる。それを見て、他の出演者が大笑い、お茶の間の多くの人も同じであったろうと思います。危険はないようには作られているのでしょうが、万が一というのは誰にもわからりません。
もともとこういう番組は嫌いな人は見ないでしょう。しかし、視聴率が取れるという事は、多くの人が楽しんで見ていたという事です。今は、映画監督として世界的にも有名になっているようですが、ビートたけしの番組に特に多かったように思います。
このようなテレビを面白おかしく見ていた少年は、クラスで弱いものを言えない人間に同じ様な事をして笑い転げる。これは事実だったと思います。
テレビ局は、視聴率をとる為に、あの手この手を使って番組を作ってきました。
一番許せない事は、同じ放送局で一日の中でニュース番組でイジメ問題を報じ、別の時間帯ではイジメ番組を自ら放映していた事です。
縦割りもあるのでしょう。しかし、トップに立つ人は自己矛盾を抱えていた事を公に対し言葉で語るべきであると思います。

2016年9月27日 (火)

昨日観たテレビ番組から ー しくじり先生

テレビ番組に対しては、実は言いたいことは山ほどある。

追々書いていきたいと思うが、今回は昨日観た番組から、、。
普段はあまり観ていない番組だが、番宣で徳光和夫さんの息子のしくじり話をやるという事を知ったので、チャンネルを合わせてみた。はっきり言って息子の徳光正行などは論外、コメントするにも値しないと私は思った。過去を反省しているならまだしも、全く笑いネタとしか考えていない。それでも、きつと親は可愛いのだろうが、、、。コメントするに値しないとは思ったものの、別の面からみると、親が有名人であると、その親そのものが子供を常識外に甘やかしている事を度々知る。
まぁ、多くのお金を稼いで、金銭の価値が違ってしまっているのだろうが。
徳光正行の場合40才を過ぎた今でも毎年お年玉を10万円親から貰っているという。また、亡くなった坂口良子さんの場合、あれほどお金に苦労したのに、娘にはポンと10万円を渡して友達とこれでピザでも食べなさいと言ったという逸話がある。この手の話はよく聞く話で、やはり一般庶民とは金銭感覚が麻痺している。
今回高畑裕太の事件が話題になったが、本人が自認していると言われる「自分は異常に性欲が強い!」というのは、世の男性なら俺も負けていないと思う人はいくらでもいるはず。問題は、その異常な性欲の対象に対して「自分なら何とか出来る」と錯覚して行動してしまう事だろう。それは、芸能界という世界に生きている事と無縁ではないだろうが、もう一つ小さい頃から芸能人の子供として育って来た、親からすれば育てて来たその積み重ねこそが根本にあるのだろう。
高畑裕太の件に関して言えばハニートラップ説もあるが、いずれにしても自業自得の面が大きいと言わざるをえない。