リンク・コーナー

芸能・アイドル

2017年1月18日 (水)

国民的アイドル

昨年末をもってスマップが解散した。まさに国民的アイドルであった。

しかし、私が今日述べるのはスマップの事ではない。
これまでに国民的アイドルと呼ばれた個人やグループは数多く存在した。
ピンクレディ、キャンディーズ、山口百恵、郷ひろみ、松田聖子等々、、、、。
その中で、国民的アイドルの中でもしかしたら最初に国民的と呼ばれたのは天地真理ではないだろうか?
小柳ルミ子、南沙織と3人娘と呼ばれ、その中でも熱狂的なファンを多く抱えていた。
当時、私は中学生。決して天地真理のファンという訳ではなかった。
どちらかというと小柳ルミ子のお姉さん的な魅力に惹かれていた。
ただ、その後の天地真理を辿ると、そこには人間模様が見えてくる。
人間、昔のままであり続けることは不可能だが、多くの芸能人達が、少しでも昔のままでという努力をし続ける姿を目にする。
そんな中で天地真理は違っていた。いつも笑顔を絶やさなかった陰で、実はうつ病になり、
売れなくなるとロマンポルノへ。そして激太りから、普通のおばさんとも言えない程の変わりよう。
15年くらい前にバラエティの中で、天地真理が宅配ピザを一人暮らしの男子学生に届けるシーンがあった。もちろん、その学生はかつての天地真理の人気など知る由もない。
ピザを届けた時、御礼に1曲歌います!というと、学生は迷惑そうに「いいから帰って!!」という。往時を知る私は笑いとともに寂しさも感じてしまった。
その後の天地真理は時々テレビに顔を出すも、益々巨大化し失笑を買うのをむしろ売りにしていた。
そんな中で、私はアイドル時代には気付かなかったもう1つの天地真理のかつての魅力を知った。あの当時、それほど歌がうまいとは思っていなかったが、実はとっても澄んだ声と
きちっとした音程の持ち主だったのだ。彼の最終学歴は音大附属高校の声楽科卒業。
彼女のヒット曲ではない歌をアルバムに多く収録していた。
その中に「童話作家」とうい歌がある。さだまさしファンなら誰でも知っている名曲の1つである。しかも、さだまさしとは別の魅力がそこにはあった。数十年経って私が知った事実であった。もし、あの頃天地真理が別の売り出し方をしていたら!メルヘンチックな歌や朗読、さらに童謡・唱歌までこなすようなポジションに切り替えたら、そう思わずにはいられないほどの
素晴らしい歌唱である。
宜しければ是非聴いてみて下さい。

2016年10月17日 (月)

ピコ太郎情報! その2

話題騒然のピコ太郎、そのルーツが語られ出しました。

昨日も書きましたが、ピコ太郎こと古坂大魔王のことは陰から密かに注目したいた私。
最新情報がYouTubeに公開されています。

2枚目と3枚目のボーダレス時代

オリンピック直後に行われた卓球ワールドカップで平野美宇選手が優勝した。

その直後のインタビューで、今の気持ちを表すとしたらの質問に平野選手が行ったポーズをご記憶の方も多いと思う。まさしくそれは、20年前のアスリートならば出来なかったアクションポーズであった。
大相撲の力士が最近よく喋るようになった。以前は勝利者インタビューでもほとんど会話にならず、一般の人はそれをずっと誤解していたようだ。つまり、相撲協会全体に、無口でいる事の「美徳」が支配していたからである。しかし、最近はCMでひょうきんな姿をする力士も増えている。
国民的スーパーアイドルに君臨するスマップは、当初はまったく人気がでなかったが、アイドルが3枚目役に挑戦する事で、新しいアイドルの姿を開拓した。
蚊取り線香でおなじみのキンチョーは、キンチョーリキッドのCMで当事ではありえない2枚目スターをお笑い的CMに起用し大ヒットさせた。近藤正臣がその良い例である。
逆に、近年ではお笑い芸人がシリアスな場面に登場する。爆笑問題、クリームシチューの上田、極楽トンボの加藤、ホンジャマカの恵など。テレビ画面で観ない日はない。
かっこ良さは2枚目だけにある時代は終わったのだろう。一人の人間の中に色々な部分が存在する事をみんなが認める時代になった事を意味する。
良くも悪くも時代は変わる。私は良い変化としてこの事を捉えたい。

2016年10月16日 (日)

話題騒然のピコ太郎  正体を聞いてビックリ!!!

まさに話題騒然、YouTubeにアップされた動画が世界中で空前の人気となった。

あのジャスティンビーバーがコメントしたことによりさらに加速。
今日、放送されているTBSテレビの「アッコにおまかせ」でその正体をつい先ほど知った。久しぶりにビックリした。実は、10年程前に私が居酒屋でお酒をおごった芸人であったからだ。芸名は「古坂大魔王」。知らない方の方が圧倒的に多いだろう。実は、つい最近まで土曜日にテレビ朝日で放映していた「関ジャニの仕分け」の陰の声の主である。イトーヨーカドーのCM「行ってみヨーカドウ」で関根勤と一緒に出ていた人物だ。
10年前、彼は「ノーボトム」というテクノユニットのリーダーをしていた。
その時、私が長をしていたある団体のイベントに呼んだのだ。
そしてイベント終了後、3時間程数名で一緒にお酒を飲んだといういきさつである。
一般人である私は、その後は彼が少しでも有名にならないかな!と結構きにかけていたのだが、、、、人生とは予想だにしないところから変わるものだとあらためて知らされた。一緒に飲んだ時に、色々な芸能界の暴露話も教えてもらった。
今後のピコ太郎、密かに注目して行きたい。

2016年10月 3日 (月)

キャラクターが変わった芸能人

今日は、これまでずっと一人でこっそり感じでいた事をお話しします。

今、世間の目にさらしている姿とかつて全く別のキャラクターだった芸能人が数多くいます。それとは別にキャラクターと実際の本人の人格が全く違う人もたくさんいます。今日は、キャラクター自体が変わった人を書いていきたいと思います。
先ず、皆さんもご存知の美川憲一さんですが、美川さんのデビュー時は完全に男性。
オカマ的になったのは巷ではコロッケに真似をされてとか、大麻事件で開き直ったとか地をだしたとか言われていますが、本人が語っている事も含めて、それが本当の理由なのかな?と私はずっと思っています。
実は、私が小学2年生の頃から美川さんはテレビに出てきたのですが、その数年後にピーターさんが芸能界にデビューしました。今ではあまり似てるとは思わないのですが、ピーターさんが出てきた頃は、この二人のどこが違うんだろう?「美川憲一がキャラクターを変えてピーターを演じているのではないか」と思う程似ていると感じていました。その後、美川さんは全く売れない次期が続いて、気がついたらオカマキャラになっていました。それを知った時、私は美川さんがピーターを意識してそれを誇張してイメージチェンジを図ったのだと思いました。正しいかどうかはわかりませんが、私はそう思い続けています。
その他に、芸能界には美川さんとは違い人知れずキャラクターが変わった人が多くいます。その方達の多くは、無口から雄弁へと変わっています。
小林念待さん、前川洋さん、高橋ひとみさん等が代表的です。
小林さんは無口な役のインパクトがあり色々なドラマに使われているうちに、いつの間にか良く喋る人になっていました。
前川洋さんは、クールファイブ時代、最初は全く喋らない人だったのですが、ドリフターズの8時だよ全員集合!の中で、ボソッと一言話すのがバカ受けし、その一言を続けている内に、実は良く喋る人だったという現在の前川清になりました。
高橋ひとみさんは、当初普通の役はなく、何を考えているかわからない、当事としては新人類キャラでした。しかし高橋さんも気がついてみたら良く喋る普通の人になっていました。
役柄と実際の性格が違うという人は多くいますが、この3人は役柄自体が変わった時本来の自分に戻れたように私はずっと思っています。

2016年9月26日 (月)

私の芸能界関心度

漫画家に小林よしのりさんという方がいます。もちろん本業は漫画家なのですが、朝まで生テレビなどの政治討論番組にも出演されています。

その小林よしのりさんが、アイドルグループであるAKB48グループに関しても非常に詳しくびっくりしました。いま、私が直前で書いた「アイドルグループであるAKB48グループ」という表現、ファンの方なら当たり前のことですが、SKE48やHKT48やMMB48などを含めてAKB48グループと呼んでいます。
私は、あと数年で還暦ですが、AKBもかなり詳しいと自認しています。
恥ずかしさ、全く無い訳ではないのですが、若手メンバーの名前もかなりわかります。興味というのは恐ろしいですね(笑)
自慢になる事ではないですが、おニャン子クラブも会員番号をほぼ覚えていました。これは音楽の興味とも交わるのですが、昔あった「スター誕生」という日曜日の番組も欠かさず見ていて、その中から山口百恵などの中3トリオを始めとするアイドルがどんどん誕生して行くのを見続けていました。

続きを読む "私の芸能界関心度" »