リンク・コーナー

ニュース

2017年3月 4日 (土)

首相夫人は公人か私人か?

森友学園の土地購入の問題が浮上した。

新設される小学校の名誉校長として安倍首相夫人の昭恵氏が就任予定であった。
開校はされていなかったが、正確に言うと就任していた状態であった。
この肩書きにより、世間に対して、また土地購入に当たっての役所に対しさまざまな影響力が
あった事は間違いない。
いま国会で喧々諤々の議論となっているのが、首相夫人は公人か私人かという問題である。その事に関して私なりの考えてみた。
その答えは、法的に言えば安倍首相の言うように私人とみなされるのかもしれない。
しかし、それは普通の生活を個人として行っている時の事であり、自ら「安倍首相の妻」と名乗った瞬間、又は利用しようとする第三者が「安倍首相夫人の、、、」と発した瞬間に「公人に準ずる」と見なすべきであろうと思う。
日本国の公のトップが首相であり、「安倍首相夫人」という肩書きの影響力はとてつもなく大きい。与党と野党の議論は、双方が同じ角度から議論しなければ、方や私人としての根拠、方や公人としての根拠を振りかざし、どこまでいっても平行線となるであろう。
今回の件では、公人に準ずるとみるべきであろう。
ただ、今回の件で山本太郎氏が国会で発言した「アッキード事件とも言われている」という
発言には賛成しかねる。よくある事だが、誰かが言ったのかもしれないが、世の中のほとんどの人はその事を知らない中で、世にアッキードというネーミングを披露したのは山本太郎氏自身で、もしかしたら本人がネーミングしたのかもしれない。
そういうたぐいの物を、「アッキード事件とも言われている」という言い方をする事に対しては強い嫌悪を覚えた次第である。
今回の問題で、土地の購入に関してはもちろん真相を解明しなければならないが、私が大きな危惧をもったのは、現役の首相夫人が、教育勅語を暗唱する児童に感激し、そういう教育だと認識した上で名誉校長を引き受けた事に関してである。
右傾化が言われる中、韓国や中国を嫌悪するような教育を幼い子供の内から刷り込むような、そんな学校の名誉校長を引き受けたという現実をこそ直視し考えなければならない。

2017年1月26日 (木)

何故?!! 米国民はトランプを大統領に選んだ?!?!

本当にトランプが大統領に就任してしまった。

就任後の数日をみて、米国民は何故トランプを選んだのか、本気で考えた末なのか、ただ今までと何かを変えてくれると思ったのか?
もし、もう1度大統領選を1ヶ月後に行ったなら、圧倒的にヒラリーが勝利するように思う。
2期8年という決まりがあるが、本当はオバマの続投が世界のためにはベストだとも思える。
トランプを支持するグループには公然と人種差別を肯定するものもある。白人の方が有色人種よりIQが高いと言い放つ。
おそらくトランプには人類や地球に対する哲学等はない。
こう考えているかも知れない。「私はアメリカの大統領であり、世界の指導者ではないと」
これはこれで考えとしてありならば、今は夢のまた夢だが、やはり世界連邦を創るべきである。ただ、現実はイギリスのEU離脱が物語るように、全く逆の方向へ流れている。
絶望してはいけないと思いつつこのコラムを綴る次第である。

2016年12月 1日 (木)

川淵三郎という人

オリンピックの会場問題に関する4者会談が行われた。バレーボール会場に関してはクリスマスまで結論を延ばすという事だが、その点に関してテレビ番組にゲスト出演していた川淵三郎氏(肩書きは何が適切なのだろう)が非常に興味深い発言をしていた。

川淵氏は有明アリーナを新築すべし!という立場だが、その理由がまさに唸るようなものであった。これまでマスコミの情報では新築でお金をかけるのか、横浜アリーナを利用し、経費を最小限にするのかという2者択一の情報しか流していなかった。
しかし、川淵氏は「日本にニューヨークのマジソンスクエアガーデンのような会場が必要である」と話し、スポーツだけではとてもその後の箱もの維持は出来ないが、音楽業界とコラボを考えていると、その内容も非常に具体的な話であった。何と川淵氏と親交の深い音楽界のドンが、いま有明アリーナ建設の為の資金を各方面に募っているというのである。
そして、その額は200億、300億を集める事も可能性大だというのである。
出演した番組は昼間のものだったが、夕方以降のニュース番組では、川淵氏の「有明アリーナを作るべし」という事だけが放映され、この驚くべき発言は放映されなかった。
恐らく、まだまだ裏の大きな情報なのであろう。しかし、あの川淵氏が発言した事、決してガセでは無いであろう。
我々一般市民は果たして本当の情報を知らされているのだろうか?
多くのニュース番組が同じ様な情報を流せば我々はそれを信じ洗脳されてしまう。
偏った知識で判断を左右されない為にも、より一層の情報公開をマスコミに望む。
それにしても、川淵三郎という人物、あらためて能力と言うか存在の大きさを痛感させられる。これを読んでいる方は今のJリーグチェアマンの名が浮かぶであろうか?
恐らく多くの人が川淵さん以外のチェアマンの名は出て来ないのではないか。
そして、サッカー協会の会長になりキャプテンと呼ばれるようになった。
バスケットボール界の問題でオリンピック出場が難しくなるや、何と日本バスケット協会の会長となった。縦割りのスポーツ界では異例中の異例な人事。
サッカー選手としてかつての東京オリンピックに出場し、その後所属するチームの会社でビジネスマンとしても有能さを発揮したという。この人を見ていると肩書きが人を作るのではなく人が肩書きの重みを作り出すのだとつくづく思う。
いま、日本全国で箱ものを作る事に住民投票をすれば、ほとんどが否決されるであろう。
それは、納める税金とその施設を自分自身が活用する頻度から必然な結果とも思える。
確かに、無駄な箱物は多い、維持費も掛かる。だが、もう1度、文化の向上、スポーツの向上を未来に向かって考えても良いのではないか。単なる公共投資ではなく、本当の意味でのレガシーは創るべきであると、川淵氏をみていると何故か考えさせられるのである。
川淵氏発言1      川淵氏発言2

2016年11月23日 (水)

どうしようもない役人気質

いまニュースを観ていたところ、山梨県庁の猫の話題を取り上げていた。

山梨県庁の敷地内を365日解放したところ、猫が集まってきたということだ。
訪れる人の声は「癒される」「かわいい」等と言うものも多いが、餌を与える人がその始末をせずゴミが放置されるというものや、糞尿の問題等も起こってきているという。
知事は、何とかマイナス面を対処していきたいとのコメントを述べていたが、問題は県の担当者の弁である。開いた口が塞がらない、お前はアホか!!というようなコメントであった。
餌の残りがゴミとなる事に関して、「当方では餌を与える方を飼い主と認識しているので、その方が責任を持って後片付けをして欲しい」というものだ。
普通に考えればわかること。県庁にくる猫が、餌を与えている人の飼い猫である訳がないであろうが!!
あまりにも、あまりにも役人らしいコメントである。餌を与える人は責任を持って後の始末をして欲しい!と言うだけで良いではないか!!だから、役人は!!と言われてしまうのである。
本心で言っているとは思えないが、そういう理屈を言わざるを得ない様な役人体質が、日本全国にあるのだとしたら、これを壊す事を最優先にしなければならない。
東京都の豊洲問題も根っこは同じである。

2016年11月22日 (火)

小さい秋は遠くなりにけり

「小さい秋みつけた」という唱歌をご存知だろうか。私はこの歌が子供の頃から好きだった。

夏が終わり落ち着きと少しの寂しさを感じる哀愁のあるメロディーと歌詞。
しかし、最近は8月が終わり9月になりこの歌を思い出す時、「小さい秋みつけたって、、、いつ?」と季節感が全くイメージがわかない。
暑い日と涼しい日とのせめぎ合いをしているうちに、そもそも秋っていつ?と思う程、秋の季節感が無くなっている。先ほどの歌さえ、「小さい冬みつけた」の方が合うとさえ思えてくるここ数年である。温暖化による異常気象、もはや異常気象とは言えないのかもしれない。
もし日本から秋が消えるような時代がくれば、日本人の精神構造まで変えてしまうことだろう。そんな日が来ない事を心から祈る。
折しも明日は関東地方で54年ぶりに11月での雪の可能性があるとのことである。

2016年11月10日 (木)

アメリカ大統領選にみる選挙制度の難しさ

かつてこれほどまで他国のトップを決める選挙に関心を持った事はあっただろうか。

確かに8年前、オバマ大統領が誕生した時も黒人初の大統領と言う事で、日本人の関心も高かった。しかし、あくまでも対岸の事としての関心であり、就任演説を聴きながら世の中が平和になるように願ったものだ。
しかし今回は全く違う。他国の事ではなく、「やばいぞ!」と自分の国への影響を本気で心配する人が多いのではないか。
今回の選挙で、今更ながらだが分かった事がある。この選挙制度についてである。
州ごとの勝敗が1票でも多ければ総取り。日本の小選挙区制と仕組みは同じだが、小選挙区制は首相を選ぶ代議士は1人なのに対し、10人、38人という人数が総取りになるというシステムである。結果、今回の選挙の総獲得票はヒラリー氏の方が多いという現象が起きてしまった。
即座にこの選挙システムはおかしい!とも言えまい。それほど、理想の選挙制度というものは辿り着く事が出来ない。究極の選挙制度などと言うものは、もしかしたら無いのかもしれない。であるならば、時代とともに、よりベターなシステムを考えて行くしか無い。
そして、我が国でも情報公開が叫ばれているが、民衆の意見は情報によって一気に変化する事を考えた時、果たして全て公開した方が良いのか、、、私の考えではノーである。
ならば、本当に世の中を左右するような事柄に関して、例えば三権分立の中で、三権の代表者が協議して公開するか否かを決定するような事も、もしかしたら必要なのかもしれない。
今回の大統領選の結果は、どう嘆こうが出てしまった。
我々の出来る事は、原点回帰。世界平和の為に自分の出来る事をしていくのみである。

2016年11月 2日 (水)

秋の叙勲に違和感を感じるのは私だけ?

今年の秋の叙勲、紫綬褒章をリオ五輪金メダリスト16人に贈られることになった。

もちろん、オリンピックで金メダルを穫ると言う事は、出るだけでも夢のまた夢であり、素晴らしい事である事に何の異存もない。活躍を讃えて、県民栄誉賞や国民栄誉賞等は良いと思うが、メダリストを何よりも讃えるのは金メダルという勲章だと思う。
かつて紫綬褒章は50才以上となっていたが、2002年に法律改正により年齢制限が無くなったとの事。
テレビのニュースでキャスターやコメンテーターは笑顔でこのニュースを伝えていたが、
20才の若者がこれからの人生を歩むのに勲章は重過ぎはしないか?
私は、勲章とは、やはり人生の歩み、年輪の重みを表すものであって欲しいと願う。
今回の叙勲、違和感を感じた私は少数派なのだろうか、、、、、。

2016年11月 1日 (火)

海外トップレディ2人の不祥事に思う

今、世界が揺れている。韓国朴大統領とアメリカ大統領にもっとも近いヒラリー候補の2人が、同じ様な内容で捜査を受けている。

どちらも、国のシークレット部分を外部に漏らしていたという事実。
その行為を行った時の心情は、推測することは出来ても、本当のところは本人にしかわからない。もしかすると本人でさえ自分の心を分析出来ていないのかもしれない。
強いといっても、男性と女性、どうしても精神的な違いはあるだろう。
大統領、国務長官という職務に対して、自信と不安は常に同居していた事だろう。
私もかつて会社で役員を務めていた。コンプライアンスというものは十分に注意していながらも、自分に与えられた権限を使う時、ルールや常識とそこを逸脱するかもしれないギリギリの判断を迫られる事があった。
人間には誰しも弱い部分があり、自分の絶大な権力においては、このくらいは小さな事、私の仕事は結果的に国に貢献出来る事が最終目的と言い聞かせていたのかもしれない。
表に出たこの2つの問題の陰に、もし表に出ていたら!と、何事もなかったように職務を全うした多くの世界の指導者がいたであろうことを思う。
どちらにしても、ここからの1ヶ月で2つの問題のおおよその結論がでるだろう。
注意深く見守りたい。

2016年10月27日 (木)

情報番組でハロウィンの情報を観て思い出したこと。

数年前から日本でもハロウィンが盛り上がるようになってきた。

クリスマスでもバレンタインデーでも日本ではその意味とは関係なくイベントとして定着していく。
そんな中で仮装に関して、ある事を番組で取り上げていた。警察官の仮装は取り締まりの対象になるのかというものだった。番組では、状況によって対象になるであろうとの見解を専門家が述べていた。
自分自身の事で思い出した事がある。学生時代にエキストラをやっていた時の事。
「西部警察」という渡哲也主演のテレビドラマで私は警官のエキストラで、撮影用の偽パトカーに乗せられ移動していた。高速の入り口で本物の警官に止められた。丁度、韓国の全斗煥大統領が来日中で厳戒態勢を敷いている最中であった。
そんな時期に偽パトカーと偽警官の格好。止められないはずがない。幸い、私達は2台連なって移動していて、偶然にも前の偽パトカーには女優の田島令子さんが乗っていたため、その場でのお叱りのみで事なきを得た。
テロの危険性が増している今を考えれば大変な事をしていた時代であった。
仮装というアブノーマルな状態を、個人的にはこれ以上加熱しないものであって欲しいと考える次第である。

2016年10月26日 (水)

流行語大賞の季節が近づいて

流行語大賞の話題がそろそろ出始める時期になりました。

今年も年末が近づいたということですね。
どんな1年だったか、言葉はその記録でもありますね。
みなさんはどんな言葉を思い浮かべますか?
そんな中で、私が最近気になっているフレーズがあります。
必ずしも世相を反映しているものでは無いのですが、テレビCMを観ていて気付いたのです。
それは、CMの最後が「でた」というフレーズで終わるものです。
最初は、本田翼さんのハウス1日分のビタミンのCMで気付いたのですが、気になり出すと
この「でた」というフレーズで終わるCMがいくつもいくつもあるのです。
これって流行語ではないのかなぁ?とネットで検索するも中々ヒットしない現状。
みなさん、ちょっと気にかけながらCMを観てみませんか?