リンク・コーナー

« 平和を願う哲学 | トップページ | 首相夫人は公人か私人か? »

2017年2月28日 (火)

日本代表の昔と今

あと8日でWBCワールドベースボールクラシックが始まる。

私は子供の頃、将来プロ野球の選手とサッカー選手とどちらになりたいか迷った事があった。
いわゆる子供の将来の夢である。そしてその時、よりなりたいと思ったのはサッカー選手だった。それはオリンピックに出たかったからだ。日本代表のユニホームを着てオリンピックに出る。そう、日本を背負って世界と戦いたいという気持ちがとても強かったのだ。
当時、オリンピック種目に野球はなかったし、世界大会もアマチュアの大会しかなかった。
叶わぬ夢であっても、世界一を目指せる競技を心の中で選択した。
全ては少年の夢で終わったが、、、、。
アスリートにとって、とても恵まれた時代になった。
サッカー界においては、かつてはプロ選手は日本代表にはなれなかった。
ブラジルやヨーロッパに優秀な選手がプロとして挑戦する事は、すなわち日本代表から優秀な選手を失うという時代に、プロにチャレンジする選手は少なかった。
今であれば、間違いなく釜本選手はヨーロッパに渡ったはずだ。
一方、野球ではオリンピック競技になった後も、しばらくはアマチュア選手しか出場出来なかった。先日テレビの特集で、かつてのアマチュアの大投手である杉浦さんの人生が放映されていた。彼がプロを拒み続けた理由は、オリンピックに出たい!世界一になりたい!というものだったという。今であれば、もし人生が2度あればプロの道を選ぶと語っていた。
国を背負って(平和的に)戦うということ。かつてそのことにあまり興味の無かったイチロー選手は、松坂大輔投手との対談で「何故オリンピックに出たいの?」と尋ねていた。
そのイチロー選手が、日の丸を背負って戦う事の素晴らしさをWBCで知った。
そこには無邪気な、ありのままの彼がいた。第1回のWBC終了後、イチロー選手はみんなと別れたく無い!ずっとこのチームのまま戦いたいと言っていた。彼にとってもしかしたら初めて仲間が恋しいと思ったのかもしれない。
今回のWBC、メジャーの田中も前田も岩隈もダルビッシュも出場しない。アメリカやドミニカ共和国等は、メジャーリーグの大スターが大挙して出場する。
色々と問題もあるのだろうが、サッカーで本田も香川も長谷部も辞退等という事は、まずありえない。サッカーのワールドカップと同じ様にWBCを育てていくためにも、次回大会は日本も真のベストメンバーで戦う環境になっている事を願う。
プロは勝つ事と同時にファンの夢を実現するものだとあらためて思うのである。

« 平和を願う哲学 | トップページ | 首相夫人は公人か私人か? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和を願う哲学 | トップページ | 首相夫人は公人か私人か? »