リンク・コーナー

« UFOの謎はいつ解明されるか | トップページ | 日本代表の昔と今 »

2017年2月25日 (土)

平和を願う哲学

先ほどまで朝まで生テレビを観ていた。憲法第9条に関しても、いつもながらの議論が行われていた。護憲か改憲か、、、ずっとずっと日本の対立軸となってきた。

護憲派は平和主義者、改憲派は普通の国を目指す、、、大ざっぱな括りでいくとこのような色分けをされてきたように思う。そういう括りの中では、私は護憲派だった。
しかし、論客達の議論を聴いていく中で、もうそろそろ新しい視点から平和を考えて行かなければならないと思い始めた。
国会での稲田大臣の答弁を聴いていると、そもそも明らかに現憲法下では違憲な自衛隊の存在を余りにも無茶な解釈をもって合憲としてきた事の矛盾から、恐らく本当は能力があるであろう稲田さんが無能に見えてくる状況となるのである。
合憲か違憲かという議論が下火になった事から、実は違憲だという保守系からの本音もみえるようになってきた。
究極の理想とすれば、現憲法の第9条は世界で最も進んだ条文であろう。
間違いなく22世紀のあるべき姿だと思う。
しかし、今の世界の状況をみると、全ての武力を放棄し世界の信義を信じることは、不可能と言わざるをえない。
護憲か改憲かと言う事から、心から平和を願っているか!絶対に人が人を殺す様な事があってはならない!という心の哲学をもつかどうか、これがこれからのキーワードではないか!
残念ながら、これまで国の最高指導者から、例えば原爆記念日、終戦記念日に、選挙演説中の当選する為の熱弁と同じ様なメッセージを聴いた事がない。
もし、今の憲法に対し、子供でもわかる違憲状態を直す為に憲法改正が必要とあれば、
その平和への想いを国民に、いや全世界に届くメッセージを心から伝える事が必要である。
護憲派も矛盾を抱えてしまっている。元々は護憲派のほとんどは、自衛隊は違憲と考えていた。しかし、そこを論議する段階を過ぎてしまった今、とにかくこれ以上軍備拡大しないためには護憲しかないと、違憲である事がわかりながら護憲を訴え続けている。
第3の道、、、、もし9条を変えるとしたら、「最終項に世界統一の警察力が誕生すると同時に、我が国は戦力を全て放棄する」という項を入れる事。
本当に平和を願い、そしてそれでも今は憲法を変えなければならないというならば、護憲派の人達を説得するにはこれしかない。
もし、もくろみがそうではないならば、護憲派には伝わらないであろう。
日本国憲法第9条は究極の理想のものであると改憲派が認める事が必要である。
そして、絵空事ではなく「世界連邦」樹立こそが、人類の目指す道であると私は確信する。

« UFOの謎はいつ解明されるか | トップページ | 日本代表の昔と今 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« UFOの謎はいつ解明されるか | トップページ | 日本代表の昔と今 »