リンク・コーナー

« 次期大統領トランプの真の姿とは | トップページ | テレビCMにほのぼの作品が少し復活 »

2016年12月 3日 (土)

科学技術のその先には

この数10年、科学技術の進歩の中で、直接我々が影響をもっとも多く受けたのは、デジタル技術であろう。確かに随分便利になった。技術進歩の早さは凄まじい。

しかし、そのことがもたらす負の影響は、実は誰にも予測出来ない。
私のような中高年が育ち生活しながら得た常識と、生まれた時から、それはすでに存在していたという中で育った常識とは自ずと違ってくる。しかし、何が違ってくるのか、多くの事を予測出来ないのである。それゆえ、常識外の事件も起こってしまうのである。
経済競争は「神の見えざる手」によっていきつくところにいきつくという、自由主義の発想がある。しかし、科学技術の進化がもたらす影響さえも神の見えざる手に委ねているようにおもえてならない。負の影響は誰が責任をとるのか。
それは、地球に住む人類全体である。
人類は自然の中から生まれた多くの生物の一つの種に過ぎない。人類の進化した生活に地球を合わせる等とは所詮不可能。人類が生き延びる道は、いかに地球に合わせて生活するか、この事を考える以外ないのである。科学技術の方向はあくまで、人間を地球に合わせて快適に過ごす方向でなくては、人類の未来はないであろう。

« 次期大統領トランプの真の姿とは | トップページ | テレビCMにほのぼの作品が少し復活 »

総合」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。