リンク・コーナー

« 科学技術のその先には | トップページ | さりげない一言の温かさ »

2016年12月11日 (日)

テレビCMにほのぼの作品が少し復活

世の中にはCMが邪魔だから民放は見ないという人も以外に多い。私の家族にもその傾向がある。確かに、良い場面の時にいきなりCMに変わる事に腹が立つ事も確かに多い。

そのCM自体、昭和世代の私にとっては、何を訴えようとしているのか、何度見ても印象に残らない物も多い。
そして、ある学者が言っていた事だが、この100年でどんどん言葉や音楽のスピードが早くなっているという。確かに最近のCMを見ていると、早くて何を言っているか解らない物は多い。
そんな中で、少しずつではあるが、ほのぼのとした「昭和のテンポとメロディー」を持つCMも出てきたようだ。最近のCMで私が好感を持っているものがいくつかある。
一つはアマゾンのある家庭の日曜日の団らんCM。赤ちゃんがペットのレトリバーになつかないCMだが、最終的にほのぼのとした結末を迎える。これは決して昭和的という訳ではないが、CM自体の音楽テンポはとてものどかにゆっくりとしている。
2つ目は松坂桃李のハウス北海道シチューのCM。BGMのコード進行がとにかく懐かしく、冬の室内での温かい食べ物を演出するのにこれ以上のマッチングはない。
そして3つ目はまさしく昭和のメロディーを吉田羊と少女が口ずさむポカリスエットのCMだ。
いくつかバージョンがあるが、窓ふきバージョンが私のお気に入りだ。
今後、出来ればこういうCMが多くなって欲しいし、若い人達もこの良さをどんどん感じられる世の中になって欲しいと願うばかりである。

« 科学技術のその先には | トップページ | さりげない一言の温かさ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。