リンク・コーナー

« どうしようもない役人気質 | トップページ | 川淵三郎という人 »

2016年11月25日 (金)

海をこえて友よきたれ!

2020年開催の東京オリンピックの競技地問題が、29日の4者会談でいよいよ方向性が決まるようである。様々な意見、自由な議論が行われていることは、それはそれで時代の進歩なのかもしれない。しかし、私はこの50年の日本の歩みの中で、何か根本のシンプルに大切な物を置いてきてしまったように思えてならない。

財政、景気、税金、コスト、、、、今東京オリンピックを語る時、頭に思い描かれるのはお金の問題である。もちろん現実問題としてこの事は大きな問題であり、1円でも無駄なものはカットする努力は必要である。
しかし、根本のところで問いたい。「あなたは東京オリンピックという言葉から真っ先に何が頭に浮かびますか?」と。
最近のオリンピック関連のCMで、「ライバルは1964年」というものがある。
リオデジャネイロオリンピックでもテレビ画面の中に多くの「感動しました」が流れていた。
感動に理屈をつけるのは野暮な話である。
ただ、ライバルは1964年というならば、その1964年の東京オリンピックが心にどんな感動を与えたのか、、、私は考えてみた。当時6才だった私でも素晴らしい感動の記憶は今も生き続けている。
それは何か、心の中に生き続けているのは、限りなく青い空であり、陽の光であり、青空をバックにした聖火であり、その青空に響くファンファーレである。
実は書きながら今気付いたことがある。1964年の鮮明な記憶は、究極のアナログであったと。青い空、太陽の光、アコスティックな管楽器の響き。古き良き時代への郷愁はすなわちアナログへの郷愁である。
であるならば、リオオリンピックの閉会式での東京オリンピックのプロモーションは究極のデジタルである。
1964年の究極のアナログと人間ドラマというアナログの世界とデジタルを融合させた2020年のオリンピック。
2020年のオリンピックで人類のどんな未来が見えるのか、しっかりと見届けたい。

« どうしようもない役人気質 | トップページ | 川淵三郎という人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海をこえて友よきたれ!:

« どうしようもない役人気質 | トップページ | 川淵三郎という人 »