リンク・コーナー

« TBSよ!何故?  北野氏勲章授章とその報道にモノ申す!! | トップページ | 高樹沙耶逮捕に思う »

2016年10月24日 (月)

小池都知事の思惑とは?

昨日、2つの衆議院補選の結果が出た。

結果的にはどちらも自民党が形上勝利を収めたという内容だが、多くの方がお感じのように、今回は決して自民党が勝利した訳ではない。東京の方は小池陣営の勝利、福岡は(これも小池知事が絡んでいるが)弔い合戦で勝ったというのが実情であろう。
民進党では、蓮舫代表の就任が全くブームを起こせなかったという分析もあるようだが、蓮舫氏の問題ではない。要は知事就任から小池氏が今のところ期待に応えているということ。
通常は民主党に流れる浮動票や反自民票が、自民党公認の若狭氏に流れただけである。
本来、民進党に期待する改革勢力のかなりの部分が、こと東京都では小池陣営に流れている。この事は小池氏自身も認識しているであろう。
今回、先の都知事選で小池氏を応援し処分を受けた7人の都議が実戦部隊として活動した。その他の9人の都議をこの7人は選挙カーに近づけなかったという事だ。
本来の自民党執行部の思惑は、この選挙で応援した7人を、当選が確実視される若狭氏の選挙で赦免するというものだったが、この9人を近づけなかったという事が、事態を少しややこしくしているようだ。
私は、もしかしたらこれは感情論ではなく小池陣営のしたたかな戦略では?と考える。
自民党に対し簡単に事態を収拾するのではなく、自ら主導権を握り、敢えて手打ちのハードルをあげる。東京都議会が全面協力しない限り、小池新党はいつでも作りますよという切り札を持ち続けるという戦略。そうであれば、これは相当したたかであり、日本の政治状況が混沌とした場合、最終的に女性首相を目指す絵図まで選択肢に入っているのかもしれない。
小池氏はかつて、日本新党時代、細川氏が一人で立ち上がり、そこから宰相まで駆け上がった流れを側近として自ら経験している。
小池百合子という人物が思った以上にやり手であったという事、この数ヶ月で認識を新たにした方はかなり多いはずである。
今後の流れを注視したい。
最後に一つだけ残念に思った発言がある。
東京都の事は小池に、地域の事は若狭氏にと言った発言だ。
選挙で票になるのは「地域」なのかもしれないが、国会議員の仕事は地域ではない。
誰も指摘しないが、珍しい失言であつたと私は思う。

« TBSよ!何故?  北野氏勲章授章とその報道にモノ申す!! | トップページ | 高樹沙耶逮捕に思う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小池都知事の思惑とは?:

« TBSよ!何故?  北野氏勲章授章とその報道にモノ申す!! | トップページ | 高樹沙耶逮捕に思う »