リンク・コーナー

« 国民栄誉賞に思う | トップページ | 国会改革は小さな事の積み重ね »

2016年10月 6日 (木)

プロレスという特異な存在

子供の頃、特に中学時代、私は今で言うところのオタクを超える程プロレスにのめり込んでいた。日本プロレスの末期、国際プロレス、猪木の新日本プロレス、馬場の全日本プロレスが立ち上がった時期だ。当事は、プロレスは八百長か真剣勝負かという疑問が永遠と続き、その後暴露本なども相次ぎ、今では暗黙の了解として「ショー」という認識が定着している。この事は、その後新日本プロレスを脱退して作られたUWFという団体のファイトスタイルによって実証されてきた。

八百長とは真剣勝負の名の下にインチキが行われる事であり、ショーであるならば八百長とは自ずと違ってくる。
しかし、熱烈なファンであったからこそ、未だにどうしても納得出来ないでいる事がある。それは、レスラー自身が今もショーであると認めていない事である。
マスコミもそこは触れないまま。例えば、3月まで報道ステーションのメインキャスターをつとめていた古館一郎氏はアントニオ猪木の実況中継がしたくて、猪木選手に心から心酔して現在のテレビ朝日に入社した経緯がある。
日本でもっとも深くプロレスに携わっていた人物である。
「暗黙の了解」ではなく、どこかのタイミングで真実を明らかにして欲しい。
熱狂的なファンであったからこそ、単なるショーでは説明がつかない、あれは真剣勝負であったのではないか?と思う場面も数々あったのも事実。
前文部科学大臣は馳浩であった。日本の教育を司る最高指揮官である。
その人物が、自分の職業がどういうものであったのか、曖昧なまま大臣を務めていた事に対し、何故どこからも声があがらなかったのか、ファンであったが故の大きな疑問である。
かつて日本プロレス界の父と言われた力道山。あれほど国民が熱狂したのは、真剣勝負と信じてのことである。
柔道家・木村政彦との世紀の一戦の真の姿はなんであったのか、
この正体を曖昧にした極めて稀な存在の真実が明かされる日を願う。

« 国民栄誉賞に思う | トップページ | 国会改革は小さな事の積み重ね »

総合」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロレスという特異な存在:

« 国民栄誉賞に思う | トップページ | 国会改革は小さな事の積み重ね »