リンク・コーナー

« 流行語大賞の季節が近づいて | トップページ | 海外トップレディ2人の不祥事に思う »

2016年10月27日 (木)

情報番組でハロウィンの情報を観て思い出したこと。

数年前から日本でもハロウィンが盛り上がるようになってきた。

クリスマスでもバレンタインデーでも日本ではその意味とは関係なくイベントとして定着していく。
そんな中で仮装に関して、ある事を番組で取り上げていた。警察官の仮装は取り締まりの対象になるのかというものだった。番組では、状況によって対象になるであろうとの見解を専門家が述べていた。
自分自身の事で思い出した事がある。学生時代にエキストラをやっていた時の事。
「西部警察」という渡哲也主演のテレビドラマで私は警官のエキストラで、撮影用の偽パトカーに乗せられ移動していた。高速の入り口で本物の警官に止められた。丁度、韓国の全斗煥大統領が来日中で厳戒態勢を敷いている最中であった。
そんな時期に偽パトカーと偽警官の格好。止められないはずがない。幸い、私達は2台連なって移動していて、偶然にも前の偽パトカーには女優の田島令子さんが乗っていたため、その場でのお叱りのみで事なきを得た。
テロの危険性が増している今を考えれば大変な事をしていた時代であった。
仮装というアブノーマルな状態を、個人的にはこれ以上加熱しないものであって欲しいと考える次第である。

« 流行語大賞の季節が近づいて | トップページ | 海外トップレディ2人の不祥事に思う »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報番組でハロウィンの情報を観て思い出したこと。:

« 流行語大賞の季節が近づいて | トップページ | 海外トップレディ2人の不祥事に思う »