リンク・コーナー

« 欲望とモラルの狭間で  | トップページ | 憲法問題 − 私が世の中に強く訴えたい事 »

2016年9月30日 (金)

この国はどこへ行く、、、、

私は、どこの政党にも属していません。ずっと政治に注目して生きてきました。

やるせない気持ちから何度もニュース番組に投稿してきました。
どの政党のどの政治家であれ良いものは良いとのスタンスです。
安倍政権、個人的に政治的スタンスとしては全く違いますが、評価出来る点がいくつかありました。一つは自民党総裁の選挙にあたって、かつての派閥連合型ではなく脱派閥的全党的流れで立候補した事。派閥の長が立候補する中での立候補でした。
そして、もう一つは官僚依存ではなく官邸主導の政治という政治手法。
これまで、「総理大臣なんて誰がやっても同じ」という声があちこちから聞こえていました。しかし、総理大臣ってやろうと思えばこんなに力があるんだって事を確認させてくれました。だからこそ、だからこそ逆に信ずる方向に一直線で進んでいく、その怖さもわかりました。
昨日の総理の発言、国家の為に命を掛けて働いてくれている方達に敬意を表そうという呼びかけに、議場内でスタンディングオペレーションが行われた姿は、私には絶対受け入れられるものではありませんでした。民進党の細野氏の指摘に対し、
「何が問題なのか?」と本気で問う首相の姿に呆然としました。
この国はどこへ行こうとしているのか、いつの間にこうなってしまったのかとの思いがこみ上げる。
天国で、筑紫哲也さんはどんな思いで観ているか、先頃亡くなった、大橋巨泉さん、永六輔さん、加藤紘一さんはどう嘆いているか、、、そう思いながらも、いや生きている私たちが力を合わせて戦争の無い世界を作っていかなければならないと
強く思いました。   関連記事

« 欲望とモラルの狭間で  | トップページ | 憲法問題 − 私が世の中に強く訴えたい事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事