リンク・コーナー

« 政治家の知らざれぬ一面 その1 亀井静香 | トップページ | 日ハム優勝 大谷の二刀流に思う »

2016年9月27日 (火)

昨日観たテレビ番組から ー しくじり先生

テレビ番組に対しては、実は言いたいことは山ほどある。

追々書いていきたいと思うが、今回は昨日観た番組から、、。
普段はあまり観ていない番組だが、番宣で徳光和夫さんの息子のしくじり話をやるという事を知ったので、チャンネルを合わせてみた。はっきり言って息子の徳光正行などは論外、コメントするにも値しないと私は思った。過去を反省しているならまだしも、全く笑いネタとしか考えていない。それでも、きつと親は可愛いのだろうが、、、。コメントするに値しないとは思ったものの、別の面からみると、親が有名人であると、その親そのものが子供を常識外に甘やかしている事を度々知る。
まぁ、多くのお金を稼いで、金銭の価値が違ってしまっているのだろうが。
徳光正行の場合40才を過ぎた今でも毎年お年玉を10万円親から貰っているという。また、亡くなった坂口良子さんの場合、あれほどお金に苦労したのに、娘にはポンと10万円を渡して友達とこれでピザでも食べなさいと言ったという逸話がある。この手の話はよく聞く話で、やはり一般庶民とは金銭感覚が麻痺している。
今回高畑裕太の事件が話題になったが、本人が自認していると言われる「自分は異常に性欲が強い!」というのは、世の男性なら俺も負けていないと思う人はいくらでもいるはず。問題は、その異常な性欲の対象に対して「自分なら何とか出来る」と錯覚して行動してしまう事だろう。それは、芸能界という世界に生きている事と無縁ではないだろうが、もう一つ小さい頃から芸能人の子供として育って来た、親からすれば育てて来たその積み重ねこそが根本にあるのだろう。
高畑裕太の件に関して言えばハニートラップ説もあるが、いずれにしても自業自得の面が大きいと言わざるをえない。

« 政治家の知らざれぬ一面 その1 亀井静香 | トップページ | 日ハム優勝 大谷の二刀流に思う »

教育問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。